レーザー治療のポイント  過去7000症例の実績があります!

1回のレーザー照射で鼻粘膜の浅い層を焼くことによって、症状を改善させます。
アレルギ−性鼻炎(スギ・ヒノキ・他の花粉、ハウスダスト、ペットの毛、昆虫(ゴキブリ他))などで、
薬による治療で治りにくい鼻閉の強い方が対象となります。
副作用はありませんので、妊娠の可能性があるなど、薬を飲みたくない方におすすめします。

個人差はありますが効果は20歳以上の人で8割の人が2年以上持続すると報告されています。
鼻の壁のゆがみなど鼻腔上の問題がある場合はあまり効果が期待できません。
一度目の受診時に、レーザー治療が適応になるかどうか調べた上で治療を考慮します。
レーザー治療はくり返し行えるので症状が再発した場合には再照射も可能です。

●治療の時期●


●治療の内容●


●費用について●


●もっと詳しく知りたい方へ(伊藤博隆著書)●

  1. 『ここまで進んだ花粉症治療法』 p.77〜84 岩波アクティブ新書
    (院長が理事をしているNPO花粉情報協会の本です。花粉症治療についてわかりやすく紹介されています。)
  2. 『耳鼻咽喉科診療プラクティス(10)耳鼻咽喉科外科のレ−ザ−治療』 p.156〜159 文光堂
  3. 「名医のベスト・セラピ−花粉症(下)」 p.122〜124 週刊朝日2002年3月15日号(当院で謹呈いたします。)
  4. 『なぜ?スギ・ヒノキ花粉症なのか?』 大同生命厚生事業団(当院で謹呈いたします。)