創   作

創作といえるかどうか自信はないが、とにかく書くことを心掛けてきた。特に月録を書くようになってからは、少し長めの文章も書けるようになった。ただ、起承転結を念頭に置いた文の構成がまとまらない。しかし、考えているだけでは文章力は上がらない。ひたすら書き続ける以外に願いを叶える手段はない。名著を書き写すことで、少しでも文章が向上しないものかと、腐心している。

蜂を殺す話
冷蔵庫
2000年グァムゴルフツアー行状記 宴会のない同級会
おはなし



トップへ
月録へ
エッセイへ
書簡へ
ティールームへ
創作の表紙へ